オニソテツの輸入(ワシントン条約)

オニソテツの輸入(ワシントン条約)

オニソテツ属(Encephalartos spp.)は美しい形態をした植物です。

そのため、人気が高く、さらに希少性も高いため非常に価値がある植物です。

そして、このオニソテツを海外から輸入するする場合は、ワシントン条約と輸入貿易管理令についての手続きを理解しておく必要があります。

その他にも、国内に輸入後の販売などの譲り渡し等の行為、広告や陳列には「種の保存法」における登録がなされたものである必要があります。また、譲受等がされた場合は、届出を行うことが必要です。

法令違反に問われないように、十分にご注意ください。

オニソテツを輸入するには?

オニソテツはワシントン条約附属書Ⅰに掲載されている種であり、商業目的の国際取引は行うことができません。

しかし、人工栽培種であれば、例外的に輸入することが可能な種となります。

必要な手続きは、海外でのワシントン条約輸出許可書の発行、日本での輸入承認証の発行です。その他にも、抜き苗など場合は、植物検疫に対する準備も必要です。

現地ファームとの調整なども場合もよっては必要です。当事務所で代行することも可能な場合があります。

※海外でのワシントン条約許可書は当事務所では代行しておりません。日本での輸入承認証等を取得代行します。

オニソテツ属のワシントン条約の状況

オニソテツ属 附属書Ⅰ掲載種 平成29年1月3日時点

Encephalartos spp. オニソテツ属全種 [Bread palms]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする